家を売るために必要な基礎知識と手順総まとめ その①

売却

家を売るなら、なるだけ高く、早く、手っ取り早く売りたいですよね。 住まいを売るためには、事前にある程度の基礎知識を勉強しておく必要があります。 大きいお金の動く不動産売却は、絶対に失敗できない、人生における大イベント。 損失をすることなしに賢く住まいを売却するために、詳細な専門の知識は必要ないのですが、不動産売却の大方の流れと、最低限の基礎知識を学んでいくことが重要なのです。 この記事では、家を売る前に絶対見逃してはならない3つの重要なポイントと、不動産売却の手順、そして家を売るときによくある疑問をチェックしていきます。 3回に分けて書いていきますね!「住宅を売る前にもう少し準備しておくべきであった」と悔やまないで、安心して手続きが出来るように、最後まで目を通してみてくださいね。

不動産売却を始める前に、最低限知っておくべき注意点

事前に知っておくべき3つの注意点不動産売却をスタートさせる前に、最低限知っておくべき注意点が3つあるというわけです。  

1 「高く」と「早く」の両立は難しい  

2 売却査定額のまま住まいが売れるとは限らない

3 売却益に対する税金や、仲介手数料などの諸費用は意外にも割高 これを理解できないまま家の売却を始めてしまうと、「住まいが予定していた額で売れず、新居の頭金を用意できなかった」「減税措置が適用できるのに、知らなかったので受けることが出来なかった」といった事態を引き起こしかねません。 まずは、不動産売却において前提条件である3つの注意点を理解していきましょう。

今回は注意点1をお話ししていきます。 「高く」と「早く」の両方をやることは容易くはない「なるべく高く、そして早く売却したい」。 それが売主の本音と思いますが、「高く売る」ことと「早く売る」ことを両立するのは困難であるといえます。 明確な売却期限をセットしているなら売却価格を、目標の売却価格を設定しているなら売却時期や期間を、ある程度柔軟に考える必要があります。どちらが大切かしっかりと比較しておくとよいでしょう。 たとえば、3,000万円の相場の住宅があったとしましょう。 このとき、2,000万円で売ればすぐに買い手がつき、早く売ることができるでしょう。

しかし、売却目標金額が3,500万円で、絶対にその金額を妥協できないというのであれば、時間をかけてでも「その金額でも手に入れたい」と言っている人を見つけ出すことが要求されます。 もちろん、仮に相場より高い値段で売りに出しても、すぐに買い手がつくことが無いわけではありません。 しかしそれは珍しいケースです。 早く売りたいならある程度の価格設定に対して柔軟な対応を、逆に高く売りたいなら長期戦も知った上でと認識しておいた方がいいでしょう。

次回は注意点その2をお話ししていきます。

現在、当社では期間限定となりますが 不動産売却時の仲介手数料 最大50%offのキャンペーンを実施しております!

ご売却される際に諸費用のご負担を少しでも、軽く出来ればと思い、利益還元の意味合いも含めましてキャンペーンを実施させて頂いております。キャンペーン詳細についてはお気軽にお問い合わせください!もしくは当社ホームページをご覧頂ければと思います! 当社ホームページの会員登録も大募集しております。 →→→ https://www.hokusetsu-estate.com/

◇◇社名:北摂住宅販売株式会社 ◇◇住所:豊中市向丘3丁目11番47号 ステップビル向丘2階 ◇◇mail:info@hokusetsu-ph.com ◇◇TEL:06-6857-3331 ◇◇営業時間:10時~19時 ◇◇定休日:水曜日・第1・3火曜日

タイトルとURLをコピーしました